女将の俳句

女将の俳句

女将が詠んだ俳句を定期的に掲載しています。
箱根の季節感や、当荘の雰囲気が
少しでも皆様に伝わればと思っております。

庭の草花や樹木、鳥の囀、
変化してやまない雲や光、
風の音、雨の音、川のせせらぎ
春夏秋冬の移ろい、
肌で感じつつ、五七五の調べにのせ、
季語に寄り添い過ごす日々です。

箱根の四季を綴る女将の俳句

  • 春の俳句
  • 夏の俳句
  • 秋の俳句
  • 冬の俳句

ほほえめば

ほほえみ反す

雛かな

ほほえめばほほえみ反す雛かな

2015.02.08

立春の声を聞くと雛を飾る。
飾り終え、雪洞に灯を入れると
雛達の目もとは輝き、口元はほころぶ。
年ごとにお飾りしないと
お雛様は泣かれているかもしれません。

ロープウェイ

春の夕日が

沈みけり

ロープウェイ春の夕日が沈みけり

2015.02.08

ロープウェイは早雲山から
桃源台まで全長四㎞。
大涌谷の噴煙を真下に見ながらの
空中の旅。
ロープウェイより見る春の夕日。
幸せな光景。

春愁の 

孤独の中の 

自由かな 

春愁の孤独の中の自由かな

2015.02.08

のどかな春の雰囲気に包まれながら、
そこはかとなくもの憂い思いや
哀愁をおぼえるこのごろ
自由に句を詠む楽しみもある。

降る雪の

ふれあふ音の

橅の森

降る雪のふれあふ音の橅の森

2015.02.07

橅の森が箱根にはある。
春の雪は水分を含んで重たい。
橅の森で雪のふれあふ音を聞く。
橅は箱根の山を守る貯水源でもある。

  • 投句箱
  • 投句箱

ページの先頭へ

箱根 強羅温泉 桐谷箱根荘 〒250-0408 神奈川県足柄下郡箱根町強羅1320-598 お電話:0460-82-2246(お問い合わせ 8:00~21:00) FAX:0460-82-1753
Copyright © Kiritani-Hakoneso All Rights Reserved.